カラオケ上達 HOME > カラオケワンポイントレッスン > 弾き語りのコード奏法の知識2 [三和音]

3和音(Triad)


コードの説明の前に前回の復習として
ピアノなどの鍵盤と音名の関係をあげておきましょう。
(シャープ=半音上げる記号)と(フラット=半音下げる記号)が付いている部分は
「黒鍵」の音名です。
たとえば、「C」と「D」の間の黒鍵の音は、「C」の音が半音上がった音でもあり
「D」の音が半音下がった音でもあるわけです。これを「異名同音」と呼びます。

つまり「C」と「D」の間の音は、「C♯」でもあり「D♭」でもあるわけです。
同様に「D」と「E」の間の音は、「D♯」でもあり「E♭」でもあるわけです。

以下同様に黒鍵には、二つの呼び方があるということだけ頭においておいて下さい。
また「C」から「B」の間には、「♯」や「♭」の付く音も含めると
全部で12種類の音が存在することも音楽を学ぶ上では重要です。

鍵盤と音名の関係


さあ「コード」の説明に入りましょう。
まずは、三つの音から構成されている基本となる「3和音」の説明です。

コードは、大別すると二つのグループに分けることができます。
その二つのグループとは、「メジャー」「マイナー」の2種類です。
以下の図は、「Cメジャー」と「Cマイナー」という二つのコードの構成音です。
例によって楽器や音源をお持ちの方は、必ず音を出して耳で確認してみてくださいね!
名前同様に「メジャー」の方は、明るい響きが
「マイナー」のコードは、暗い感じがすることと思います。

コードネームの読み方ですが「メジャーコード」の方は、
単に「C」や「G」などと書いてそれぞれ「シー」や「ジー」とそのまま呼びます。
「マイナーコード」の方には、「Cm」や「Gm」などと小文字の「m」を後ろに付けて
それぞれを「シーマイナー」や「ジーマイナー」と呼んでいます。
「JAZZ」ミュージシャンの間では、一部省略された表記方法もあるのですが
ここでは、みなさんを混乱させないために一般的な表記方法に統一しておきます。

メジャーとマイナーの相違

覚えておいてほしいことが二つあります。
「C」のコードも「Cm」のコードも「C」の音から始まっていることが一つ。
第二に「C」のコードと「Cm」のコードの違いは、中央の音が異なるだけ
上下の音は、まったく変わっていないことに注目してください。



HOME PAGE One Point Lesson Chord No.3



Vocal Club ARCADIA
Copyright © 1996-2006 Yoshihito Kitamori
生活情報WEBサイト