☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケで歌いやすい曲を探す > カラオケで歌う COVER WHITE 男が女を歌うとき


カラオケで歌うアーティスト特集

COVER WHITE 男が女を歌うとき

大ヒット曲を実力派アーティストがカバーしたコンピレーションCD。 男性アーティストが女性アーティストの楽曲をカバーした「COVER WHITE 男が女を歌うとき」、 女性アーティストが男性アーティストの楽曲をカバー 「COVER  RED  女が男を歌うとき」 の2タイトル同時リリース。両アルバムとも全15曲収録。
※ジャケット表示のため画像にアフィリエイトタグを使用しています。 クリックで外部サイトが別窓で開きます。

大ヒット曲を実力派アーティストがカバーしたコンピレーションCD。 男性アーティストが女性アーティストの楽曲をカバーした「COVER WHITE 男が女を歌うとき」、 女性アーティストが男性アーティストの楽曲をカバー 「COVER RED 女が男を歌うとき」 の2タイトル同時リリース。今回は、両アルバムのうち、「COVER WHITE 男が女を歌うとき」の方をとりあげていつものようにカラオケの選曲の参考にしてみたいと思う。


COVER WHITE 男が女を歌うとき

  01. CAN YOU CELEBRATE?
安室奈美恵 徳永英明
  02. 春よ、来い
松任谷由実 槇原敬之
  03. わかれうた
中島みゆき 平井堅
  04. M
プリンセス・プリンセス つるの剛士
  05. 異邦人
久保田早紀 石井竜也
  06. Sweet Memories
松田聖子 山崎まさよし
  07. ハナミズキ
一青窈 中西保志
  08. 元気を出して
薬師丸ひろ子 稲垣潤一
  09.PIECE OF MY WISH
今井美樹 河口恭吾
  10.オリビアを聴きながら
杏里 スターダストレビュー
  11. サヨナラ
GAO 佐藤竹善
  12. 何度でも
DREAMS COME TRUE 松崎しげる
  13. 夏をあきらめて
研ナオコ MOOMIN
  14. 駅
竹内まりや 布施明
  15. さよならの向う側
山口百恵 中西圭三


上がこのアルバムの全曲リスト。リストの左から歌のタイトル、オリジナルアーティスト名、今回のアルバムで歌っている(カバーしている)アーティスト名である。GAOの歌った「サヨナラ」は知っている人が少ないかも知れないけれど、今でも幅広い年齢層でカラオケで歌われているヒット曲ばかりだ。

下の表がこのアルバムの楽曲の音域一覧。 数字が大きいほど、音域(低音から高音までの幅)が広い楽曲になる。左の黒い音符がオリジナルの音域で、その右の赤い音符が今回のアルバムで男性アーティストが歌っているキーだ。14曲目の「駅」がオリジナルと音域が異なっている理由はあとで説明する。
1曲目「CAN YOU CELEBRATE」は、音域だけ見るとむしろ狭いくらいだが、キーだけが無意味に高く設定されているのでオリジナルキーではなかなか歌いづらい。結婚式では定番のウェディングソングになっているが、音域が狭いのが救いでキーを少しでも下げれば多くのカラオケファンが楽しめる歌だと思う。2曲目「春よ、来い」も音域は狭いがこちらは逆にキーが低すぎて歌いづらい人も多いかも知れない。サウンド志向の楽曲とは違うので声が太い人が歌った方が歌い映えすると思うが、気持ちを込めてバラードのように歌うのではなくてこれはリズムを優先した方がいい歌だ。3曲目、中島みゆきの「わかれうた」はキーは低いイメージをみなさん持っていると思うが音域は意外に広い。ただし、フレーズの頭で引っかける音が極端に低音であるために全体の音域が広いと言うだけなので、実際にカラオケで歌ってみると音域の広さは苦にならないと思う。低音をしっかり取りに行かない、高音をがんばって出しすぎない、と言うようなことがカラオケだとうまく聞こえる場合もあるのだけれど、このへんのコツは文章だけでわかってもらうのは難しいところだ。「異邦人」や「Sweet Memories」は古い歌ではあるがカラオケでは今でも幅広い年齢層で歌われている。若い女の子でも「異邦人」などは声が出しやすい歌の一つだろうし、今カラオケで歌ってもそのリズムは新鮮に聞こえるんじゃないかな。近年の大ヒット曲である「ハナミズキ」は逆にうまく歌うのが難しい一曲じゃないだろうか。低音から始まる印象的なメロディーにサビでは女性にはやや高めのところでロングトーンが必要なので、単に声域が広いだけではなかなか感動するような歌にはならない。声量のない人には地声と裏声をうまく切り替えられるような歌唱が要求される名曲だ。まさにこの歌こそカラオケでは幅広い年齢層で歌われていると思うが、一番、二番で節回しも微妙に異なるのでまずは正確に覚えることが必要。
8曲目「元気を出して」は、音域が比較的楽なのでカラオケ初心者にレッスンすることも多いんだけれど、リズムでつまずく人がすごく多い歌でもある。聞いていると覚えやすく口ずさみやすいんだけれど、リズムを意識して歌うと言うことがわからないと非常にずれやすい歌でもある。単純なことではあるんだけれど1,2,3,4 とカウントを取りながら歌うことがカラオケでは大切なのだ。意味がわからない人はこの歌を手でカウントをたたきながら歌ってみるといい。歌をきちんと覚えていない人はカウントが取れなくなるか、歌の方がずれてくるはずだ。9曲目「PIECE OF MY WISH」や10曲目「オリビアを聴きながら」もカラオケ初心者が声を出しやすい歌かも知れないが、特に「オリビアを聴きながら」の方は、音程がうまく取れていないとなかなかうまい歌には聞こえない。カラオケでそんなに音程に神経質になる必要はないと思うが、中にはかなり正確に歌わないとカラオケとは言えうまく聞こえてこない歌もあるのだ。
アルバム後半の三曲、「夏をあきらめて」、「駅」、「さよならの向う側」は、キーが低いイメージもあって歌いやすく思っている人も多いだろう。だが実際は「駅」が比較的楽なだけで、あとの二曲は非常に音域が広い。「駅」は今回のカバーアルバムで、布施明はあえて淡々と歌いながら、後半で転調することによって楽曲自体を盛り上げるアレンジをとっている。そのためオリジナルよりも全体の音域が半音広くなっている。オリジナルの竹内まりや「駅」は転調などでキーが途中で変わったりしていないのでブレスと細かいメロディーの動きにさえ注意して覚えてしまえば聞いている以上に歌いやすく、また歌い映えのする楽曲だと思う。この音域の一覧で見てもらっているとおり、実際はものすごく高い音がサビに出てきているわけではないのだと心にとめてカラオケでも歌ってみて欲しいと思う。「駅」は年配の上司が聞いてもわかる歌だと思うので(笑)、演歌が苦手な女性はこういう大人の歌を一曲カラオケのレパートリーに入れておくと会社の旅行や飲み会のカラオケの席で役に立つかも知れない。

CAN YOU CELEBRATE?
春よ、来い

CAN YOU CELEBRATE?

春よ、来い
音域:14度 音域:15度
安室奈美恵 最低音:C 最高音:D 松任谷由実 最低音:F 最高音:A♭
徳永英明 最低音:F 最高音:G 槇原敬之 最低音:E 最高音:G
わかれうた
わかれうた
M
音域:21度 音域:19度
中島みゆき 最低音:D 最高音:B♭ プリンセスプリンセス 最低音:G 最高音:D
平井堅 最低音:C 最高音:A♭ つるの剛士 最低音:E 最高音:B
異邦人
Sweet Memories
異邦人
SWEET MEMORIES
音域:14度 音域:14度
久保田早紀 最低音:B♭ 最高音:C 松田聖子 最低音:B♭ 最高音:C
石井竜也 最低音:E♭ 最高音:F 山崎まさよし 最低音:B♭ 最高音:C
ハナミズキ
元気を出して
ハナミズキ
元気を出して
音域:17度 音域:13度
一青窈 最低音:G♯ 最高音:C♯ 薬師丸ひろ子 最低音:A 最高音:B♭
中西保志 最低音:G♯ 最高音:C♯ 稲垣潤一 最低音:F 最高音:G♭
PIECE OF MY WISH
オリビアを聴きながら
PIECE OF MY WISH
オリビアを聴きながら
音域:13度 音域:14度
今井美樹 最低音:B 最高音:C 杏里 最低音:B♭ 最高音:C
河口恭吾 最低音:G 最高音:A スターダストレビュー 最低音:A♭ 最高音:B♭
サヨナラ
何度でも
サヨナラ

何度でも

音域:14度 音域:17度
GAO 最低音:B♭ 最高音:C DREAMS COME TRUE 最低音:B 最高音:E
佐藤竹善 最低音:F 最高音:G 松崎しげる 最低音:F 最高音:B
夏をあきらめて
夏をあきらめて

駅

音域:19度 音域:15度
研ナオコ 最低音:E 最高音:B 竹内まりや 最低音:F♯ 最高音:A
MOOMIN 最低音:C 最高音:G 布施明 最低音:C♯ 最高音:F
さよならの向う側
COVER WHITE 男が女を歌うとき
さよならの向こう側
音域:20度
山口百恵 最低音:D 最高音:B♭
中西圭三 最低音:D 最高音:B♭
カラオケで歌うアーティスト特集メニューへ戻る      カラオケで歌うMr.Childrenミスチルへ

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2011 Yoshihito Kitamori