☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケで歌いやすい曲を探す > 島谷ひとみ 男歌 〜cover song collection〜


カラオケで歌うアーティスト特集

島谷ひとみ

代表曲「亜麻色の髪の乙女」で一世を風靡した島谷ひとみ、初のカバーアルバム。 男性アーティストながら女性目線の歌や、男性からの投げかけに対して女性からのアンサーソングとしての意味合いを込めた全12曲を収録。
※ジャケット表示のため画像にアフィリエイトタグを使用しています。 クリックで外部サイトが別窓で開きます。

2007年12月に発売された島谷ひとみのカバーアルバム第一弾。
島谷ひとみが男性アーティストの楽曲をカバーしているが、女性目線の歌や、女性から男性へのアンサーソングとしての意味合いを込めた楽曲を集めてある。
このアーティスト別のカラオケセクションで今までに何度か言っているが、音域の問題で、男性アーティストが女性アーティストの歌をカバーするのは比較的たやすいが、女性アーティストが男性アーティストの広い音域の歌をカバーするのは簡単にはいかないことが多い。島谷ひとみは低音から高音まで声域が幅広く、特に裏声の使い方がうまい歌い手と言える。元々、演歌歌手としてデビューしたこともあってこのカバーアルバムではオリジナルの持ち歌と違ってコブシ回しが目立つが、あらためて島谷ひとみの歌のうまさを感じられるアルバムになっている。アルバムとしての出来についてはここでは語らないが、男性のカラオケファンにとっても参考になる一枚だ。


男歌 〜cover song collection〜

  01. 悲しみにさよなら
安全地帯
  02. 恋しくて
BEGIN
  03. レイニーブルー
徳永英明
  04. ESCAPE
MOON CHILD
  05. キャンディー
原田真二
  06. 月の裏で会いましょう
ORIGINAL LOVE
  07. Another Orion
藤井フミヤ
  08. 初恋
村下孝蔵
  09. One more time,One more chance
山崎まさよし
  10. 幸せな結末
大滝詠一
  11. 言葉にできない
オフコース
  12. 奏(かなで)
スキマスイッチ


左がこのアルバムの全曲リスト。タイトルの右側がオリジナルのアーティスト名である。
異なるアーティストのアルバムでもカバーアルバムの収録曲というのは大ヒットした歌から選曲するので似たり寄ったりになってしまうものだ。だがこのアルバムは、選曲がバラエティーに富んでいるのでカラオケファンには参考になるんじゃないだろうか。
このアルバムの中の歌を音域のせまい順に練習していくと、無理せずに高音を出す練習にもなると思う。プロだってアマチュアのカラオケファンだって一人一人声域が異なるのは当たり前。カラオケのキーだってどんどん変えて歌うことをいつもすすめているが、ある程度は高い声も出ないとカラオケで歌える歌が極端に限られてしまうからね。

下の表がこのアルバムの楽曲の音域一覧。 数字が大きいほど、音域(低音から高音までの幅)が広い楽曲になる。左の黒い音符がオリジナルの音域で、その右の赤い音符が今回のアルバムで島谷ひとみが歌っているキーである。男性がカラオケで歌う場合には、オリジナルの音域を参考に選曲してもらいたい。
今回は、カラオケ初心者の男性の中で高い声が出なくて歌える歌が限られてしまっている人でも歌いやすい歌を紹介していこう。音域(最低音から最高音までの幅)だけ見ていくと、藤井フミヤ「Another Orion」がだんとつで狭いんだけれども、まずはこの歌ではなくて、「幸せな結末」、「恋しくて」を練習してみて欲しい。「幸せな結末」が歌いやすい人もいれば、「恋しくて」の方が声を出しやすく感じる人もいるだろう。この二曲でも高音がしっかり出せない人は、キーをオリジナルから一段階だけ下げて練習してみよう。カラオケのキーチェンジャーは一段階変更すると楽器で言うと半音だけキーが変わることになる。それでも歌えない人はもう一段階だけキーを下げて歌ってみよう。どんなにキーが低い人でもこれ以上は下げずに、このトータル二段階下げた状態でがんばって練習して欲しい。前に言ったようにもちろん人それぞれ音域(声域)は異なるわけだから、カラオケで楽しむなら何段階キーを変えてもかまわないが、今説明していることは、あくまでも練習方法だと思って欲しい。喉は開いたままで深呼吸するつもりで声を遠くに出そう。必ずこの二曲は声が出ると信じて練習してみよう。「幸せな結末」は、歌の後半で転調するのでキーが上がっているように感じるが(事実、半音上のキーに転調している)、実際は、転調するまでに一番高い音はすでに歌い終えていて、転調後はそれより低い音しか出てこないのだ。要するに、転調した後半の伴奏を聞くとキーが上がっているが、後半の歌のメロディーの中にすごく高い音が出てくるわけではないと言うこと。伴奏につられたり、まどわされないことだ。この歌の後半部分をうまく歌えない場合、大多数の人は声が出ないのではなくて、正確にメロディーを覚えていないことが原因だ。納得できないかも知れないが、リズムだ音程だという前に、カラオケがうまく歌えない原因の一番はその歌を正確に覚えていないことにつきる。正確に歌を覚えていたと仮定してうまく聴かせられないのは、次に声が響いていないことにつきるのだ。
その二曲で声が出るようになったら、次に「Another Orion」を練習してみよう。音域はすごくせまい歌だが、「幸せな結末」や「恋しくて」よりも高音をキープしたり伸ばす必要が出てくるので、声が小さいなんて普段から言われている男性だと高音をしっかり出すのに勇気が必要になる。カラオケでこの三曲が歌いやすく感じるのであれば、難しい歌に挑戦するよりも、この三曲のキーを一段階ずつでも上げて練習してみるのも面白いだろう。そうすれば高い声が出る自信もついてくると思う。この次に「悲しみにさよなら」、そして「初恋」と挑戦してみよう。ここでも高くて声が出なければキーを一段階ずつ下げてみる、楽に感じるなら一段階だけ上げてみるということもいいだろう。
山崎まさよし「One more time,One more chance」は、ほとんどは歌いやすく感じると思うが、後半極端に高い音が出てくるので、先にあげた歌を練習してからの方がいい。逆に「ESCAPE」のような歌は、高い音がしっかり出なくても目立たないので歌いやすく感じる人もいるかも知れない。最終的には、「奏」(かなで)のような内容的にも深みのある歌を怒鳴らないように歌えたらすばらしいだろうね。
高い声が出るだけでは歌はぜったいにうまくは歌えない。このアルバムの中で言うと、徳永英明の「レイニーブルー」なんかは難しい歌の一つじゃないだろうか。後半にものすごく高いメロディーが出てくるがキーを単純に下げて行っただけでは、今度は前半の低い部分で声が出なくなってしまったりする。最近のアーティストは自分のキーではなくて無理して高いキーで歌っていることの方が多いと以前にも言ったが、徳永英明の歌唱は特殊だ。ポップス界の森進一と言ってもいいかもしれない。演歌の森進一の歌を聴いたことがある人ならキーの高さだけでなく声質や表現の仕方もよく似ているのが感じられると思う。カラオケは、ストレス発散にもなるけれど、聴いている人たちにストレスを感じさせないと言うこともいい歌を聴いてもらうためには大切なポイントなんだ。

悲しみにさよなら
恋しくて
悲しみにさよなら
恋しくて
音域:21度 音域:13度
オリジナル 最低音:A 最高音:F♯ オリジナル 最低音:E 最高音:F
島谷ひとみ 最低音:F 最高音:D 島谷ひとみ 最低音:B♭ 最高音:B
レイニーブルー
ESCAPE
レイニーブルー
ESCAPE
音域:22度 音域:24度
オリジナル 最低音:D♯ 最高音:C♯ オリジナル 最低音:B♭ 最高音:B♭
島谷ひとみ 最低音:G 最高音:F 島谷ひとみ 最低音:E 最高音:E
キャンディー
月の裏で会いましょう
キャンディー
月の裏で会いましょう
音域:16度 音域:23度
オリジナル 最低音:F 最高音:A オリジナル 最低音:C 最高音:B
島谷ひとみ 最低音:A♭ 最高音:C 島谷ひとみ 最低音:G♭ 最高音:F
Another Orion
初恋
Another Orion
初恋
音域:11度 音域:15度
オリジナル 最低音:G 最高音:F♯ オリジナル 最低音:E 最高音:G
島谷ひとみ 最低音:D♭ 最高音:C 島谷ひとみ 最低音:A 最高音:C
One more time,One more chance
幸せな結末
One more time,One more chance
幸せな結末
音域:17度 音域:16度
オリジナル 最低音:E 最高音:A オリジナル 最低音:C 最高音:E
島谷ひとみ 最低音:B♭最高音:E♭ 島谷ひとみ 最低音:G 最高音:B
言葉にできない
言葉にできない

奏(かなで)

音域:15度 音域:20度
オリジナル 最低音:G 最高音:B♭ オリジナル 最低音:D 最高音:B♭
島谷ひとみ 最低音:B♭最高音:D♭ 島谷ひとみ 最低音:G 最高音:E♭
カラオケで歌うアーティスト特集メニューへ戻る     カラオケで歌う五木ひろしフォークソングへ

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2010 Yoshihito Kitamori