☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケで歌いやすい曲を探す > カラオケで歌う 岩佐美咲(AKB48)


カラオケで歌うアーティスト特集

リクエスト・カバーズ     
岩佐美咲(AKB48)

AKB48初の演歌歌手、わさみんの愛称で呼ばれる岩佐美咲(いわさみさき)がファンのリクエストに応える名曲カバーアルバム「リクエスト・カバーズ」。 国民的アイドルグループAKB48から初の演歌歌手としてデビューした岩佐美咲の初ソロアルバム。 このアルバムは2013年6月20日〜8月10日までの期間に実施した『AKB48 初の演歌歌手 岩佐美咲に歌ってほしい演歌・歌謡 曲』リクエストキャンペーンの応募集計結果の上位12曲を収録しています。
※前回からこのページのレイアウトが変更になっています。下の表が「リクエスト・カバーズ」の収録曲一覧。
難しい演歌と言うよりは、比較的カラオケで若い女の子にも歌いやすい歌が選ばれている。

リクエスト・カバーズ

  01. 越冬つばめ
森昌子
  02. つぐない
テレサ・テン
  03. 北の宿から
都はるみ
  04. ブルー・ライト・ヨコハマ
いしだあゆみ
  05. ハナミズキ
一青窈
  06. なごり雪
イルカ
  07. 愛のままで
秋元順子
  08. 待つわ
あみん
  09. 涙そうそう
夏川りみ
  10. ラヴ・イズ・オーヴァー
欧陽菲菲
  11. 時の流れに身をまかせ
テレサ・テン
  12. 赤いスイートピー
松田聖子

下の表がこのアルバムの楽曲の音域一覧。 数字が大きいほど、音域(低音から高音までの幅)が広い楽曲になる。左の黒い音符がオリジナルの音域で、その右の赤い音符が今回のアルバムで岩佐美咲(わさみん)が歌っているキーである。
視聴者からのリクエストでは、第1位「赤いスイートピー」、第2位「時の流れに身をまかせ」、第3位「ラヴ・イズ・オーヴァー」の順だったようだが、岩佐美咲に歌って欲しい歌と言うよりも、カラオケで歌われている超スタンダードのランキングと言った印象だ。アルバムの曲順は岩佐美咲に歌って欲しいリクエスト結果の順とは異なる。
演歌、歌謡曲と言ってもコブシのいらない、むしろ節回しがないほうが伝わりやすい歌ばかりだ。音域一覧もいつものように以下に掲載してあるがほとんどの楽曲を岩佐美咲はオリジナルキーで歌っている。
1曲目「越冬つばめ」は、16ビート主体のリズムのノリと「ヒュルリーヒュルリーララー」のサビで女性はうまく声を切り替えられるかにかかっている。高音部はたしかに高いのだがオリジナルキーのままのほうがうまく歌い上げられる人が多いのではないかと思う。 2曲目「つぐない」は、音域は比較的狭くて歌いやすそうだが、三木たかし作品の中でも特に音程をつないでいくのが難しい歌だと思う。オリジナルのテレサ・テンのか細く柔らかい感じもいいのだが、個人的好みも含めて言うと今回の岩佐美咲のように地声でたんたんと丁寧に歌った方が歌詞の内容が伝わるのではないかと思う。もう少し年齢を重ねて「たんたんと」歌う中に情感があふれてくると「つぐない」はより説得力を持った歌になる。3曲目「北の宿から」は構成や曲の流れは1曲目「越冬つばめ」と共通するものがある。ただし、こちらは「津軽海峡冬景色」などと並ぶ3連ロッカバラードの代表曲なので、やはりリズムが重要。高音部をきれいに歌うのも難しいのだが、最後の「きたのやど」という歌詞を決めるのはなかなか難しい。この「きたのやど」の部分をおざなりに歌ってしまう演歌ファンも多いのだけれど、ここにこの歌の全てはかかっていると言ってもいいだろう。4曲目「ブルー・ライト・ヨコハマ」、近年大ヒットとなった5曲目「ハナミズキ」なども歌いやすそうに感じるが、音域は意外に広い。よほど声域の低い人でもない限りは安易にキーを下げるとそれはそれで歌いづらくなるかも知れないので注意が必要だ。6曲目「なごり雪」もカラオケで一度は歌ったことがある人も多いと思うが、この名曲も自分にぴったりくるキーを見つけるのが難しい歌の一つではないだろうか。岩佐美咲はオリジナルよりも一音(カラオケのキーチェンジャーで二段階)上げて今回は歌っている。 (※ページ下へつづく)

越冬つばめ
つぐない
越冬つばめ
つぐない
音域:17度 音域:15度
オリジナル 最低音:A♭ 最高音:D♭ オリジナル 最低音:A 最高音:C
岩佐美咲 最低音:A♭  最高音:D♭ 岩佐美咲 最低音:G♯ 最高音:B
北の宿から
ブルー・ライト・ヨコハマ
北の宿から
ブルー・ライト・ヨコハマ
音域:17度 音域:17度
オリジナル 最低音:A 最高音:D オリジナル 最低音:F♯ 最高音:B
岩佐美咲 最低音:A 最高音:D 岩佐美咲 最低音:F♯ 最高音:B
ハナミズキ
なごり雪
ハナミズキ
なごり雪
音域:17度 音域:16度
オリジナル 最低音:G♯ 最高音:C♯ オリジナル 最低音:F 最高音:A
岩佐美咲 最低音:G♯ 最高音:C♯ 岩佐美咲 最低音:G  最高音:B


秋元順子「愛のままで」は、オリジナルキーではご年配のカラオケファンでも低くて歌いづらい人も多いと思うが、キーを上げるとしても岩佐美咲が歌っているキーと同じくせいぜい一音上げまでにしておいたほうがいいだろう。8曲目「待つわ」は1オクターブと二度というわりと狭い音域で出来ているので誰かとデュエットするのもいいだろう。覚える気さえあれば、この歌はハモリのパートがとても楽に出来ているのでカラオケ初心者どうしがデュエットしても楽しめるはずだ。9曲目「涙そうそう」は、今までにも何度か言っているが、夏川りみのオリジナルキーが高めなので、森山良子バージョンの1音低いキー(カラオケのキーチェンジャーで二段階)下げたほうが一般的には歌いやすい人が多いのではないかと思う。特にこの歌は音域がそれほどないのにもかかわらず誰が歌っても今ひとつに聞こえてしまうのは音程のキープが意外に難しいせいなので、歌うキーにはこだわったほうがいい。10曲目「ラヴ・イズ・オーヴァー」が「涙そうそう」と同じ音域というのも意外だが、それ以上にこの歌のようなキーの歌は昨今のヒット歌謡の中にはないだろう。高音部分がG音(ハ長調のドレミで言うとソの音)までで完結しているので高いとはとても言えないのに、欧陽菲菲の圧倒的な声量と力強い歌唱で低い歌というイメージはまったくない。初心者にも上級者にもカラオケの練習にはとてもいい歌だと思う。岩佐美咲がオリジナルキーを変えずに歌っているのも好感が持てる。
「時の流れに身をまかせ」と「赤いスイートピー」もカラオケの定番中の定番だが、この2曲も歌ってみると音の跳躍があって意外にうまく聞かせるのは難しい歌。どちらの歌もカラオケではまず音程に気をつけて丁寧に歌うことを心がけてほしい。このアルバムの収録曲がすべてそれなりに歌えれば、もっと難しい歌でもそうそう歌えないと言うことはないと思うので全曲マスターするつもりで練習してみてほしい。
選曲を工夫してみても歌えないとか、どうしてもお仕事やおつき合いにカラオケがつきもので困っているあなたは カラオケ上達 レッスンの受講もご検討下さい。

愛のままで
待つわ
愛のままで
待つわ
音域:18度 音域:14度
オリジナル 最低音:E  最高音:B♭ オリジナル 最低音:B♭  最高音:C
岩佐美咲 最低音:F♯ 最高音:C 岩佐美咲 最低音:B♭  最高音:C
涙そうそう
ラヴ・イズ・オーヴァー
涙そうそう
ラヴ・イズ・オーヴァー
音域:14度 音域:14度
オリジナル 最低音:C  最高音:D オリジナル 最低音:F  最高音:G
岩佐美咲 最低音:C  最高音:D 岩佐美咲 最低音:F  最高音:G
時の流れに身をまかせ
赤いスイートピー
時の流れに身をまかせ
赤いスイートピー
音域:19度 音域:17度
オリジナル 最低音:G  最高音:D オリジナル 最低音:G  最高音:C
岩佐美咲 最低音:G  最高音:D 岩佐美咲 最低音:G  最高音:C
カラオケで歌うアーティスト特集メニューへ戻る      カラオケで歌うMayJ へ

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2014- Yoshihito Kitamori