☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケで歌いやすい曲を探す > カラオケで歌う May J


カラオケで歌うアーティスト特集

Summer Ballad Covers
May J

ディズニー映画「アナと雪の女王」のテーマソング「Let It Go〜ありのままで〜」を収録したカバーアルバム「Heartful Song Covers」が好調な May J だが、今回とりあげたのは、2013年6月に発売されたカバーアルバム「Summer Ballad Covers」。 夏のヒット曲をミドルやバラードへ新たにアレンジし、May J. が情感豊かに歌い上げる夏バラードカバー集。

今回からこのページのレイアウトが変更になっています。下の表が「Summer Ballad Covers」の収録曲一覧。女性アーティストの歌だけでなく、男性アーティストの歌もバランスよく選曲されている。カラオケ初心者でも歌える狭い音域の歌からかなり音域の広い難しい歌までバラエティーに選曲されていて、特に歌の難易度を基準に選んだのではないことがよく分かる。


Summer Ballad Covers

  01. Precious
伊藤由奈
  02. 島唄
THE BOOM
  03. 渚
スピッツ
  04. First Love
宇多田ヒカル
  05. LIFE
キマグレン
  06. 夏祭り
Whiteberry (JITTERIN'JINN)
  07. 波乗りジョニー
サザンオールスターズ
  08. 白い雲のように
猿岩石
  09. secret base 〜君がくれたもの〜
ZONE
  10. 少年時代
井上陽水
  11. ハナミズキ
一青窈
  12. I DREAMED A DREAM
映画レミゼラブルより

下の表がこのアルバムの楽曲の音域一覧。 数字が大きいほど、音域(低音から高音までの幅)が広い楽曲になる。左の黒い音符がオリジナルの音域で、その右の赤い音符が今回のアルバムで May J が歌っているキーである。
今回からレイアウトを変更したと言ったが、音域一覧を参照しながら説明を読んでもらえるように音域一覧を複数段に分けてみたのでページの下の方まで見てもらいたい。
1曲目「Precious」と2曲目「島唄」が同じ19度の音域だというのは意外な気がするが歌いやすさで言うとこの二曲はだいぶ性格が異なる。元々が女性アーティストと男性アーティストの歌なので一概に比べることは出来ないが、「島唄」は男性カラオケファンならそれほど歌いづらい歌というわけではないが、「Precious」のほうは、同じ19度でも女性カラオケファンには相当に難曲だろう。3曲目「渚」はスピッツ歌の中でも特別にキーが高そうだ。スピッツの歌は、ハーモニーやサウンド自体はシンプルなのでとても覚えやすいと思うが、キーが極端に高いので1オクターブ下で声を出して歌っている男性も多いと思う。スピッツの歌が女性カラオケファンに歌われることが多いのも、キーが低めの女性のほうがスピッツのキーがぴったりくるからなのだ。
収録曲の中で音域の広い歌が次の「LIFE」と「First Love」だ。共通点はどちらも英語の歌詞が含まれているということ(笑)。「LIFE」は聞いている分には歌いやすそうな印象を持つカラオケファンもいると思うが、グループのアーティストの歌って一人で歌ってみると思っていた以上に疲れることがある。高い部分、低い部分、コーラスのパート、ラップのパートと一人で何役もこなさなくてはならないこともあるからだ。みんなで歌うには気持ちよさそうな歌だよね。「First Love」のほうは、洋楽バラードと歌謡曲が同居しているような楽曲の作りで名曲だと思うけれど、地声と裏声がうまく切り替わるような人じゃないと女性の場合は難しい一曲だろう。
「夏祭り」は、JITTERIN'JINN のオリジナルだが、Whiteberry のカバーの方がおなじみかな。女性にはキーは高めだけれど、音域自体は非常に狭い歌なので高い声が出づらい人でも少し下げればキーも合わせやすいし、カラオケウケする歌だと思う。(※ページ下へつづく)

Precious
島唄
Precious
島唄
音域:19度 音域:19度
オリジナル 最低音:B 最高音:G♭ オリジナル 最低音:B 最高音:F♯
May J 最低音:B  最高音:G♭ May J 最低音:A♭ 最高音:E♭
First Love
渚
First Love
音域:19度 音域:23度
オリジナル 最低音:E 最高音:B オリジナル 最低音:E 最高音:E♭
May J 最低音:G 最高音:D May J 最低音:E 最高音:E♭
LIFE
夏祭り
LIFE
夏祭り
音域:24度 音域:12度
オリジナル 最低音:B♭ 最高音:B♭ オリジナル 最低音:C 最高音:C
May J 最低音:E♭ 最高音:E♭ May J 最低音:B  最高音:B

「波乗りジョニー」は、なんとなく聞いていると、いつもの桑田メロディーと変わらないのだが、実際に声を出してみるとサザンオールスターズの歌の中でも音が飛ぶところがなかなか歌いづらい。高い声と低い声の境目が目立たない人の方がうまく聴かせられる一曲だと思う。高い部分をやみくもに叫んだのでは、カラオケでは余計にうるさい歌にしか聞こえないので注意が必要だ。
「白い雲のように」、「少年時代」の二曲はカラオケ初心者にもおすすめできる歌だ。「白い雲のように」はリズムを正確に覚えることが大切。もっと簡単な言い方をするなら、歌の伸ばす部分が長すぎたり、短すぎたりしないように心がけて覚えるといい。「少年時代」のほうはストレートに歌うと一本調子で退屈なメロディーに聞こえてしまうこともあるので、井上陽水の細かい節やシャクリ、アクセントなんかを真似するつもりで覚えるといいと思う。
「I DREAMED A DREAM」は、映画「レ・ミゼラブル」のテーマだが、世界中を感動させたスーザンボイルが歌ったことで一段と知られることになった。スーザンボイルが歌った時のキーを掲載した。ものすごく広がりのあるドラマティックな歌だが、音域は思ったほど広くない。May J は高い声低い声を使い分けるが、このアルバムではキーを上げて歌っている。
機会があれば、May J の新しい方のカバーアルバムも紹介するつもりだが、ディズニー映画「アナと雪の女王」のテーマである「レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜」は、劇中歌になっている松たか子バージョンとMay J バージョンでは単純にキーが違うだけではなくて音域も広くて歌われているメロディーも異なるので、なかなかカラオケファンは苦労しているようだ。
選曲を工夫してみても歌えないとか、どうしてもお仕事やおつき合いにカラオケがつきもので困っているあなたは カラオケ上達 レッスンの受講もご検討下さい。

波乗りジョニー
白い雲のように
波乗りジョニー
白い雲のように
音域:22度 音域:10度
オリジナル 最低音:B  最高音:A オリジナル 最低音:E  最高音:D
May J 最低音:F♯ 最高音:E May J 最低音:B♭  最高音:A♭
secret base 〜君がくれたもの〜
少年時代
secret base〜君がくれたもの〜
少年時代
音域:15度 音域:13度
オリジナル 最低音:B♭  最高音:D♭ オリジナル 最低音:E  最高音:F
May J 最低音:C♯  最高音:E May J 最低音:B♭  最高音:B
ハナミズキ
I DREAMED A DREAM
ハナミズキ
I DREAMED A DREAM
音域:17度 音域:18度
オリジナル 最低音:G♯  最高音:C♯ オリジナル 最低音:G♭  最高音:C
May J 最低音:G♯  最高音:C♯ May J 最低音:A♭  最高音:D
カラオケで歌うアーティスト特集メニューへ戻る      カラオケで歌うMAX へ

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2014- Yoshihito Kitamori