☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケで歌いやすい曲を探す > カラオケで歌う徳永英明 VOCALIST4


カラオケで歌うアーティスト特集

徳永英明 [4]

2010年4月にリリースされた徳永英明が女性アーティストの名曲をカバーする人気シリーズ、VOCALIST が本作「VOCALIST 4」で完全完結。
※ジャケット表示のため画像にアフィリエイトタグを使用しています。 クリックで外部サイトが別窓で開きます。

今回は、2010年4月にリリースされた徳永英明の女性アーティスト名曲カバーシリーズVOCALISTの完結編「VOCALIST 4」を題材にカラオケの選曲に生かしてみます。
先行シングルに収録された「時の流れに身をまかせ」「赤いスイートピー」に加え、鬼束ちひろ「月光」「あの鐘を鳴らすのはあなた」などを収録。初回盤Bのみ、ラヴ・イズ・オーヴァーをボーナストラックとして収録。

VOCALIST 4

01. 時の流れに身をまかせ
テレサ・テン
02. 赤いスイートピー
松田聖子
03. First Love
宇多田ヒカル
04. 翳りゆく部屋
荒井由実
05. セーラー服と機関銃
薬師丸ひろ子
06. 誰より好きなのに
古内東子
07. あばよ
研ナオコ
08. 月光
鬼束ちひろ
09. やさしさで溢れるように JUJU
10. 未来へ Kiroro
11. 待つわ あみん
12. あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子
13. 未来予想図 DREAMS COME TRUE
14. ラヴ・イズ・オーヴァー 欧陽菲菲

1曲目テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」、2曲目松田聖子「赤いスイートピー」とカラオケの定番とも言えるヒット曲がずらっと並ぶ。カバーアルバムと言うと必ずタイトルがあがってくる歌ばかりだ。6曲目古内東子「誰より好きなのに」、8曲目鬼束ちひろ「月光」あたりはちょっとめずらしいけれど、純粋なリスナーにとってはなかなかいい選曲だろう。9曲目にJUJU「やさしさで溢れるように」が出てくるが、年代的にこの曲だけはなんだか唐突な感じがする上に、アルバム全体からするとアンバランスな印象を受ける。JUJUの歌が浸透した今であれば、JUJUのナンバーの中でもほかの歌を選曲したんじゃないだろうか。女性が歌うには「First Love」や「月光」のような難易度高めの歌も含まれている。歌いやすい歌も含まれているけれど、私のおすすめは、古内東子「誰より好きなのに」。カラオケランキングに入る歌として「ハナミズキ」や「Story」も常連だけど、ヒットして残る歌ってなんだかんだ言ってもやっぱり作りは歌謡曲なんだよね。

このページの下の表がアルバムの楽曲の音域一覧。 数字が大きいほど、音域(低音から高音までの幅)が広い楽曲になる。黒い音符がオリジナル歌手のキー、赤い音符のほうは今回のアルバムで徳永英明が歌っているキーだ。
最近のカラオケでは、カバーアルバムのバージョンも収録されている場合もあるようだが、多くの歌は、オリジナルしか収録されていないと思うので、基本的にはオリジナル歌手のキーを参考に選曲の参考にしてもらいたい。テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」と松田聖子「赤いスイートピー」、どちらもおなじみのヒット曲でカラオケでも定番になっている。しかし、この二曲、どちらも耳になじみがあって覚えやすいということもあるが、いざ歌ってみるとなかなかうまく歌うのは難しい。音の跳躍が思った以上にあるせいで音程をとるのが意外に難しい歌と言ってもいいだろう。むしろ3曲目、宇多田ヒカル「First Love」のほうがメロディーは歌いやすいのだが、この曲は音域が広すぎて女性が歌うには先ほどの二曲とは違った意味で難曲の一つだ。
音域の狭さでは、5曲目の薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」 が歌いやすいだろう。薬師丸ひろ子の声質や歌い方のせいで高いのではないかと感じているカラオケファンも多いようだが、あくまでも女優さんが歌う歌として書かれているので薬師丸ひろ子の歌は音域は狭い曲が多い。「セーラー服と機関銃」は、作曲者である来生たかおが歌っているバージョンは「夢の途中」として知られているが、こちらもカラオケには入っているので男性のカラオケ初心者は「夢の途中」を練習してもいいだろう。
6曲目の古内東子「誰より好きなのに」もおすすめだ。なんとなく聞いていると高く感じる部分もあると思うが、メロディーをきちんと覚えれば意外に歌いやすくメリハリもつけやすい一曲だと思う。おとなのニューミュージックでリズム的にも古い感じはしないので、キレイなお姉さんをめざす女性には男性陣の前でぜひ歌ってもらいたい一曲だ。楽曲が短めでシンプルに完結しているのもカラオケでは有効じゃないかな。
ユーミン「翳りゆく部屋」、研ナオコ「あばよ」も音域的には広くないのだが、このあたりの歌はオリジナルのキーだと低すぎて最近のカラオケファンには歌いづらい人も多いはず。ほんとうにキーが低い人には歌いやすいと思うが、自分の声は低いと思い込んでいるだけで実際はキーが低くない人も多いので歌う前から決めつけて声を出さない方がいい。そう、アルカディアのレッスンに通ってくる生徒さんにも多いのだけれど、キーが低いのではなくて全体的に声そのものが出ていないので自分の声は低いと思い込んでいる人がほとんどなのだ。それと何度かここでも話しているが、声質が低いことと歌のキーが低いこととは必ずしもイコールではないことを忘れずに。
10曲目Kiroro「未来へ」は、手こずる人が多い歌じゃないだろうか。Kiroro の楽曲はフォークソングの延長のようで歌いやすい歌も多いので、耳になじみのあるこの「未来へ」は歌ってみたいと思うカラオケファンも多いことだろう。だけどこの歌は、Kiroro の歌の中では、頭サビで始まって高音部分がいきなり来るので声を出しづらい。なおかつそのサビが終わると最低音を含んだメロディーが始まるので高いところ、低いところとメロディーの高低差が激しいのだ。11曲目あみん「待つわ」は女性同士で歌うデュエットとしてはカラオケでも定番だろう。音域も楽だし、なによりもハモリがよく考えられていて、ハモったことがない人でも比較的楽にハモリのパートが覚えられるように出来ている。一人で歌って面白い歌とは言えないがしっかりメロディーを覚えればカラオケ初心者でもハモるのが簡単な歌だ。アップテンポではないが忘年会などのカラオケで歌えば盛り上がるんじゃないだろうか。12曲目DREAMS COME TRUE「未来予想図」は難しい歌に入るかな。聞き比べるとメロディーが単調なところも多く、「未来予想図U」よりもこちらの「未来予想図」のほうが歌いやすそうに感じるが、実際は音域も半音狭い「未来予想図U」のほうがまだ歌いやすいと思う。ボーナストラックの欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」は音域を見る限りは歌いやすそうだが、こういう歌こそ雰囲気があって情感豊かに表現できる人が歌わないとカラオケで拍手をもらうのは難しいだろう。名曲だからこそカバーアルバムにも収録されているわけだが、音域の面だけで言えば、カラオケ初心者でも歌えるはずなのでぜひ練習してみてもらいたい。


カラオケ教室とはまったく違う初心者のためのカラオケ上達レッスン
時の流れに身をまかせ
赤いスイートピー
時の流れに身をまかせ
赤いスイートピー
音域:19度 音域:17度
テレサ・テン 最低音:G 最高音:D 松田聖子 最低音:G 最高音:C
徳永英明 最低音:D 最高音:A 徳永英明 最低音:D 最高音:G
First Love
翳りゆく部屋
First Love
翳りゆく部屋
音域:23度 音域:15度
宇多田ヒカル 最低音:E 最高音:E♭ 荒井由実 最低音:F♯ 最高音:A
徳永英明 最低音:B 最高音:B♭ 徳永英明 最低音:E 最高音:G
セーラー服と機関銃
誰より好きなのに
セーラー服と機関銃
誰より好きなのに
音域:12度 音域:17度
薬師丸ひろ子 最低音:B♭ 最高音:B♭ 古内東子 最低音:G 最高音:C
徳永英明 最低音:F 最高音:F 徳永英明 最低音:E 最高音:A
あばよ
月光
あばよ
月光
音域:17度 音域:18度
研ナオコ 最低音:E 最高音:A 鬼束ちひろ 最低音:A 最高音:D♯
徳永英明 最低音:D 最高音:G 徳永英明 最低音:F 最高音:B
やさしさで溢れるように
未来へ
やさしさで溢れるように
未来
音域:22度 音域:19度
JUJU 最低音:F 最高音:E♭ Kiroro 最低音:G 最高音:D
徳永英明 最低音:B 最高音:A 徳永英明 最低音:C 最高音:G
待つわ
あの鐘を鳴らすのはあなた
待つわ
あの鐘を鳴らすのはあなた
音域:14度 音域:19度
あみん 最低音:B♭ 最高音:C 和田アキ子 最低音:E♭ 最高音:B♭
徳永英明 最低音:F 最高音:A♭ 徳永英明 最低音:D♭ 最高音:A♭
未来予想図
ラヴ・イズ・オーヴァー
未来予想図
ラヴイズオーヴァー
音域:20度 音域:14度
吉田美和 最低音:F♯ 最高音:D 欧陽菲菲 最低音:F 最高音:G
徳永英明 最低音:D 最高音:B♭ 徳永英明 最低音:E 最高音:F♯
アーティスト特集メニューへ戻る      カラオケで歌うCOVER RED 女が男を歌うとき

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2012 Yoshihito Kitamori