☆脱!カラオケコンプレックスサイト内で迷ったら カラオケサイトとレッスンのよくある質問と回答 ☆脱!カラオケコンプレックス更新情報 初心者カラオケ選曲のポイント カラオケ上達ワンポイントアドバイス カラオケ上達とピアノ弾き語り教室のご案内
カラオケ上達 HOME > カラオケワンポイントレッスン > リズムトレーニング(練習方法) [1]
カラオケ上達のためのリズム練習【1】 カラオケ上達のためのリズム練習[1]

カラオケをうまく歌うためには、リズムも大切ですよね。
楽譜を読めない方のためにリズム譜を使った簡単な練習をしてみましょう!
「楽譜が簡単に分かる本」なんていうのを買う必要はありませんよ!
なおかつ難しい理論も一切必要ありません。
覚えておいて欲しいのは、ただ一つだけ!
カウントをとるときに1小節の中は、4拍あるということだけです。
カウントをとるだけならほとんどの人はすぐ出来るので軽視する人も多いですが、
これを歌いながらやるとなるとうまくカウントできない人が多いのです。
カラオケを歌いながらとなるとなおさらで、リズムに乗る基本ともなりますので
この練習方法は非常に大切です。

※このリズム練習や次の[音を当てる]などのページでは、
Flash の最新プラグインをインストールしておく必要があります。


カラオケ上達のためのリズム練習【一小節にカウントは4つ!】

右のプレイボタンをクリックするとリズムがスタートします。
カウントに合わせて手を打ってリズムをとってみてください。
下のストップボタンをクリックするとリズムが停止します。

<IMG SRC="count.gif" ALT="非対応" WIDTH=291 HEIGHT=173 BORDER=0>

1小節を4拍ずつカウントできたところで まず「全音符」を声に出して読んでみましょう。
「全音符」と言うのは、4拍カウントする間、ずっと伸ばしている音符です。
手でカウントを取りながら「ナー」とか「マー」とか音符を声に出してみます。
「全音符」は、4拍カウントする間、伸ばしているだけですから簡単ですよね!
このメソッドは、「リズムトレーニングしながら音符も覚えてしまおう!」という練習方法なのです。
アーティストのCDを聞きながらただ一緒に歌うだけでなく、
カウントをとりながら練習してみることも効果的です。
ほとんどの歌はアップテンポなロックであろうとバラードのようにゆっくりな歌であろうと、
今回の練習方法と同様に一小節は四拍ずつ進んでいきますので
手をたたきながら足を踏みながらカウントにあわせて練習してみましょう。

Copyright © 1998 Yoshihito Kitamori

トップページへ☆脱!カラオケコンプレックス トップページ 戻るカラオケワンポイントレッスン メニューページ リズム練習2 カラオケ上達のためのリズムトレーニング(練習方法)[2]
マイクの使い方 | キーに関する知識 | 腹式呼吸を体感する | リズムトレーニング | 音を当てる |

♪アルカディアはカラオケ教室ともボーカルスクールともちょっとちがう
カラオケ上達のための歌とピアノ弾き語りのプライベートレッスンです♪
Vocal Club ARCADIA
Copyright © 2001 Yoshihito Kitamori
☆脱!カラオケコンプレックス